10.5インチiPad Pro用Smart Keyboard(日本語版)は、9.7インチでも使えないこともなかった。

ad1

先日発表された新しい10.5インチのiPad Pro (Wi-Fi+Celluar 256GB スペースグレイ)と、ようやく出た日本語版のSmart Keyboardを注文しました。

実は今回、9.7インチを買ったばかりのiPad Proではなく、CPUが強化されキーボードもMacBook Proと同じ第2世代になった12インチのMacBookを買おうとも思ったのですが、iOS11の紹介をみてMacBookをやめられるかもしれないと思いiPadにしました。

今日は、本体に先んじて届いた10.5インチiPad Pro用Smart Keyboard(日本語版)を9.7インチのiPad Proで使ってみたので、その使用感をご紹介します。

スポンサーリンク



開封

コンパクトなパッケージがいい感じ。

広げると結構大きい。

9.7インチiPad Proに装着

こんな感じ。接点は同じなのでハマります。磁石のつき具合も問題ならありません。

キーボードのほうがちょっと大きいですが、ディスプレイが9.7から10.5へ大型化しても本体のサイズはこれしか変わらないということも分かります。

9.7インチiPad Proで使ってみる

まずスマートキーボードそのものの感想ですが、キーボードはMacBookに比べると小さいですが、打ちやすいと思います。

日本語変換の効率さえ上がればというところがちょっと惜しいです。

キーのボタンとボード部分が一体化しているので、ゴミが隙間に入ったりしないところが、外に持っていくことを考えると良いと思います。

しかし使ってみると難点が2つほどあります。

1つは、サイズが合っていないからだと思いますが、入力スタイルにするとキーボードが少し浮いてしまいます。それでも打ち込めないこともないので、僕はこのまま使っています。

もう1つは、ハードウェアキーボードを畳んでもソフトウェアキーボードが出てこないこと。

また他にも不具合があるかもしれません。

9.7インチで使えるとはいっても

結論としては、10.5インチ早く来て!という感じです。

ad3