電気じかけの予言者

明日のことは明日の僕がなんとかするから

お金を借りない生活を快適に過ごすためにデビットカードを活用しよう!

スポンサーリンク

お題その1「VISAデビットをブログで宣伝コンテスト」

若生悠矢@spectiveprophetです。

僕は借金が好きではない。

借金は便利で、生活していれば急な出費はどうしても避けられないし、クレジットカードで買って来月払えばいいという状況があると気が楽だったりもする。

それでも僕は、来月やその先に支払わないといけないお金は、なければないほど快適で安心だ。

スポンサーリンク

どうしても翌月以降に支払う必要がある出費

どうしても翌月以降に支払う必要がある出費はいくつかある。

家賃やライフラインに関係するものは、しかたないものが多い。

賃貸なので家賃はしかたない。土地から建物まで現金一括で買わない限りは、家の維持にかかる費用はどうしてもかかってしまう。

あと光熱費や携帯電話、ネット環境も、これらは今月利用した分を来月払うことになっている。携帯電話やネット環境をやめるという選択は快適さを失うことになるので難しい。それでも、できるだけ違約金がないように工夫をするなどして、いつでもやめられるようにしておく。

※家賃に関していえば常に「来月分の家賃を払っている」ことになるので、今月出て行けば来月はかからないのだが、退去費用がかからないこともない。

これが最低限、これ以外で翌月以降払う出費は極力避けたい。

細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート 2017 (小学館実用シリーズ)

課金サービスやネットショップはデビットカードを利用する

そうでありながら僕はクレジット決済が基本の月額課金のサービスを活用している。dマガジンやNetflix、オンラインDVDレンタルを契約して、日々楽しんでいる。はてなブログProも1つの課金サービスである。

また買い物はほとんどがネットで、Amazonや楽天、Yahooショッピング、ヨドバシドットコムなどを活用している。

課金が必要なサービスを契約したりネットショップを便利に使うには、やはりクレジットカードが必要だ。でもクレジットカードを使うと来月以降の支払いが発生してしまう。

そこで登場するのがデビッドカード

クレジット&デビットカードとことん活用術

デビットカードでお金に対して安心できる生活への第一歩を

デビットカードであれば、月額課金のサービスや買い物でクレジットカード払いを利用することができる。(一部のデビットカードが使えないサービスを除く)

しかもサービスやショップの決済と同時にデビットカードに紐付いている銀行口座から引き落とされるため、1ヶ月分蓄積されて後からまとめて支払うことにはならない。

僕はこの安心感がとても好きで、デビットカードを活用するようになった。

クレジットカードの利用でありがちな「今月いくら使ったかわからない」という日々では無く、「毎月最低限必要なお金」を把握して、そのとおりにデビットカードで引き落とされていく生活は、お金に縛られがちな生活をコントロールできるようになる。

急に仕事がなくなったときに、最低いくらあれば生活できるのかを把握しておくと同時に、急いで課金サービスを解除すれば来月の出費が最低限で済むという安心感は、自分を守るために大事なことだ。

お金を整える

デビットカードの申込は簡単!審査なし!15歳から!(三菱東京UFJ-VISAデビット)

デビットカードを発行している銀行の1つ、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていればデビットカードを15歳以上から申し込むことが出来る!(年齢は銀行による)

デビットカードはクレジット決済すると銀行口座から即時引き落とされることから、自分や家族の収入が安定していて返済できる人かどうか審査などはなく、基本的に申し込めばデビットカードを手にすることができる。

15歳の子供の頃から必要?という意見もあるだろうが、デビットカードの利用を機にクレジットカードの使い方を学んでおけば、大人になってからクレジットカードを初めて持って、限度額いっぱい散財するようなことにはきっとならない

デビットカードは子供から大人までオススメです!

(終わり)

http://htn.to/bsDeCP

特別お題「2016年を買い物で振り返ろう」 sponsored by 三菱東京UFJ-VISAデビット

スポンサーリンク