電気じかけの予言者

きみがここに来ることを、ぼくは知っていた。

成功法の基本は、あらゆる他人を無条件で肯定すること。『成功学キャラ教授 4000万円トクする話』(清涼院流水)

スポンサーリンク

f:id:prophet:20170101192057j:plain

若生悠矢@spectiveprophetです。

成功学キャラ教授 4000万円トクする話 』という本の紹介です。

だいぶ前に読んだ本ですが、当時のメモを見たところ改めて考えることが多かったので紹介したいと思います。

著者である清涼院流水があらゆる成功本の読者であることから、本書にはその全てが詰め込まれているとのことです。(あとがきより)

スポンサーリンク

本書の目次

以下の目次のとおり、全10回の講義形式で物語は進んでいきます。

  • 第1講 成功法を学ぶ基本ルール
  • 第2講 今すぐ成功する唯一の方法
  • 第3講 プラスとマイナス成功テスト
  • 第4講 必ず使える最強の成功法
  • 第5講 成功法を最大限に活かす方法
  • 第6講 スーパーマンに変身する方法
  • 第7講 タイム・イズ・マネー成功法
  • 第8講 魔法のコトバでQ&A成功法
  • 第9講 シンカンセンで成功チェック
  • 第10講 ハイエンド・リターン成功法

流れとしては、第1回に5000人の参加者を集め講義がスタートし、講義のたびに何らかの形でテストが行われ、最後まで講義を受けられるのは、ただ1人となっています。

成功法の基本は、あらゆる他人を無条件で肯定すること

重要なのは決して相手を否定しないこと。どうしてかと言いますと、人間にとって最大の幸福が、自分の存在を他人に認めてもらうことだからです。

キャラ教授は、こういった講義に参加したにも関わらず、講義の内容を否定するような人はそもそも成功できないと言っています。

ビジネス的成功などに関わらず、他人を素直に受け入れて、とにもかくにも肯定することが、良好な関係を築く第一歩です。

*自分には難しいとか、自分はそういう風に言われる人間じゃないとか、そんな自意識など取り払って肯定する**。

僕は相手が身近になるほど素直になれなくないところがあるので、毎日自分に言い聞かせたい言葉です。

成功とは何か?

自分は既に成功していると、あなたに自覚をしていただくことは大切です。

それが、あらゆる成功法の出発点だからです……。 (中略)

現在の成功を認めたところから、次の成功が始まるのです。

成功とはなんでしょうか。

困難な問題は小さな問題に分割せよという問題解決の手法がありますので、成功なんてないなあと思ったら、今日やった小さな成功を見つけるところから始めると良いかもしれないですね。

究極のプラス思考

運には波があり、連続している

(中略)

一生の運はプラマイゼロの法則には、実はかなりの信憑性が認められています。

(中略)

運を知り、運を読むことで、あらゆる成功をおさめやすくします。

感覚的な話しですが、力んで頑張っているときは流れに逆らっていたのかなと思います。対して流れに任せていると、うまくいく

自分の不自然さに気づくことができれば、流れに逆って頑張るのではなく、別の流れを待つなり探すことができるのかもしれません。

僕はこの流れみたいなものが「運」なのかなと思っています。

プラスシコウ

『思考』の意味のほかに、向かう『志向』―試して行う『試行』―好みの『嗜好』―無類の上つまり究極を意味する『至高』―などといった意味あいを同時に持たせています。

(中略)

『プラス思考』―『肯定的シンキング』こそ、あらゆる成功学においてベースに位置づけられる、時に史上最強の成功法とも呼ばれる絶対成功法なのである

マイナス思考をする目的はリスクヘッジなんですよね。

リスク管理ではマイナス思考が重要ですが、リスク管理は失敗を減らす(軽くする)ということにおいてプラス思考です。

僕はマイナス思考によって悩んだり疲れたりしなければ、マイナス思考は悪いものだとは思いません。

言ってしまえば、全体としてプラス思考を目指せば良いのです。

それでもしマイナス思考が邪魔で非効率だと思えば、プラス思考がそれを改善すると思います。

100の才能を持つ天才は、90でもマイナス。

でも、あなたの能力を仮に10とすれば、50できても、奇蹟的な成功となる。

プラス思考は自分だけのものということです。

さきほど「成功とはなんでしょう」と書きましたが、成功も自分で定義するものだと言えます。

SNSなどで他人の成功が溢れている時代に自分だけの成功を見つけるのが難しくなっているとも思いますが、成功は自分で決めていいのです。どんどん自分で自分を褒めてあげましょう!

(つづく)

スポンサーリンク