電気じかけの予言者

きみがここに来ることを、ぼくは知っていた。

スマートホンに名言を!2017年の始まりに意識した3つの言葉。

スポンサーリンク

若生悠矢@spectiveprophetです。

あけましておめでとうございます!2017年もよろしくお願いいたします!

僕は「名言」が好きです。

読書などで感銘を受けた言葉や、映画や小説、ゲームなどで感動した言葉などのメモを取り、iPhoneで見られるように設定しています。

今日は2016年に出会った言葉の中から、2017年の始まりに改めて意識したいと思った言葉を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2017年の始めに意識したい言葉

2016年に出会い、2017年にも持っていきたい言葉を厳選して3つ紹介したいと思います。

記憶に頼らないで生きる。日々新しく生きる。
  • 記憶に頼らないで生きる。日々新しく生きる。
  • 一貫性がなくて嫌うのは他人で、他人に嫌われて辛いと思うか、自分の信念に生きるか。
  • 過去は魂から健全さと威厳を奪う陰謀者である。

(ラルフ・ウォルドー・エマソン『自己信頼』)

ブログを書いていると、この前と同じことを言っていないか?、この前と違うことを言っていないか?、と、ふと手を止めてしまうことがあります。

ブログを長く続けてい中でこういう縛りを感じ始めると、別のブログを始めようかなーとか無駄なことを考え始めてしまいます。

でも、細かいことを気にしているのは自分だけだったりするんですよね。

読者の方でそう思ってくれるとしたら、そこまでしっかり読んでもらえているのだから喜ばしいことかもしれません。

人間関係でいえば、良くしたいと思っていれば毎日良いままだろうし、そう思えなくなり悪くなってしまってから後悔して、良かったころのことを思い出しても意味がありません。(意味がなくても思い出すから悩むのですが)

自分の内面や他人との関係おいて、一貫性がないことに怯えて維持しようと頑張る必要などなく、流れに任せていくのが自然なのでしょう。

毎日が新しい自分なのだと思って生きていきたいと思っています。

自分の「生き方のルール」にこだわりを持つ
  • 自分の「生き方のルール」にもっとこだわりを持て!
  • 時間に強欲になることは美徳である

(ジョン・ドット『自分を鍛える!「知的トレーニング」生活の方法』)

この言葉は、僕がこれまで出来ていなかったからこそ響いている言葉です。

2016年だけでなく、これまで他人や色々な状況に飲み込まれて、身動きが取れなくなることがたくさんありました。そういうときは僕の関係している全てのことがうまくいきません。

自分を見失っていると、うまくいかなかったとしか振り返ることができないのです。これが後悔というものでしょう。

これからも世間と関わっていく限り、他人や状況に翻弄されることがあると思いますが、後悔しない人生とは、今の自分を大事にすることだということを強く意識していきたいと思います。

僕が他人の都合(欲望)に合わせる必要はなくて、お互いがお互いの都合(欲望)に合わせることで、共に幸せになれる。

こう信じていきたいです。

今できることを全力でしましょう

人生には過程しかない それは言い換えれば、今できることをすればいいということです 今できることを全力でしましょうよ、切那さん そして明日も、一日お疲れ様と言って、乾杯しましょうよ

(ゲーム『ISLAND』)

2016年に出会った最高のノベルゲーム「ISLAND」の言葉です。終盤に出て来る言葉で、この言葉に行き着く過程も素晴らしいのですが、この言葉だけでも十分です。

僕たちには、過去をどうすることも、未来をどうすることも、できないんですよね。

それでも過去の解釈を変えることはできると言いますが、これがまさに「今できることをやった」ということなのです。過去の自分の解釈を変えるということも、今やっていることです。解釈は今しか出来ません

未来に対しても、僕たちができることは「今できることをやる」だけ。未来のためと思っても思わなくても同じなのです。僕はあのとき未来のために頑張ったといっても、結局それは今の解釈です。

ゲームの「ISLAND」については、2016年にPC版が出て、今年はPS VITA版、そしてアニメ化もするので、盛り上がって沢山の人に触れて欲しいと思います。

毎日触れたい名言をiPhoneのリマインダーに設定

僕はiPhoneのリマインダーに毎目に触れたい名言を設定しています。

たとえば、

  • 朝の7時に「自分の生き方のルールにもっとこだわりを持て」
  • 朝の9時に「1日に1つでも思いつくまま親切な行動をとる」
  • 夜の9時に「早く寝れば明日が最も冴えた1日になる」

などなどです。

リマインダーをロック画面に表示させるようにしておけば、iPhoneを持ったときに気づくことができます。消去すればまた明日の同じ時間に通知されますし、消さなければ残り続けます。

必要な言葉は変わっていく

日々気になった言葉を登録していくとリマインダーが名言まみれになります。

そのため定期的にメモ帳などに移していくのですが、1度目に触れなくなると簡単に忘れてしまいます

名言というのは毎日目に触れてこそ身に染みるもの

その上で大量の名言に踊らされないためにも、今の自分にどういう言葉が必要なのかを見極めながら名言と付き合っていくことが大事だと実感しています。

(終わり)

スポンサーリンク