電気じかけの予言者

きみがここに来ることを、ぼくは知っていた。

PS4 Pro によるDVDのアップコンバート性能を4K対応ブラビアで確認した!が!?

スポンサーリンク

若生悠矢@spectiveprophetです。

前回はPS4 Proの開封と画質の設定について紹介した。 blog.spective.xyz

PS4 Proの解像度は4K/HDRに対応していて、DVD(HD)、ブルーレイ(フルHD/2K)映像などもPS4 Proが4K画質相当にアップコンバートして出力する。

参考 www.jp.playstation.com

スポンサーリンク

**

ブラビアKJ-55X9300Cの性能

モニターとなっているブラビアKJ-55X9300Cにも、あらゆる映像を4K画質で表示できる超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載している。

そのため旧PS4のフルHDもブラビアによって4K画質相当になっていたはずで、今回いみじくも、その性能の良さがはっきりした。

旧PS+ブラビアとPS4 Proの4Kアップコンバート(アプコン)の比較

PS4 Proでは、PS4 Pro自身が4Kで出力されるのでブラビア側は何もしない。

よって、今回の画質チェックは、PS4+ブラビアとPS4 Proの4Kアプコンの比較になる。 結果としては、はっきりと分からないくらいの差であったが比較画像(髪の毛)を見て欲しい。

DVDを旧PS4でフルHDにアプコン、ブラビア側で4K相当にした画像

DVDをPS4 Pro側で4K相当にした画像

PS4 Proのアプコン性能を活かすには

見たとおりブラビアとPS4 Proのアプコン性能は似ているということがわかった。

このように残念ながら4K対応ブラビアではPS4 Proによるアプコンの効果を感じられなかったが、モニター側にアプコン機能がない場合は、アプコンの恩恵を受けられるかもしれない。

4K HDRに対応したゲームについて

SONYが発表しているPS4 Pro対応ゲーム、例えば「The Last of Us Remastered」や「FINAL FANTASY XV」などは、PS4とPS4 Proで画質が異なる仕様になっている。

参考 www.jp.playstation.com

正確な情報はないのだが、ゲームによってはPS4では2K HDR 30fpsのゲームがPS4 Proでは4K HDR 60fpsまで対応するとみられ、動きのヌルヌル感や映像の美しさが大きなディスプレイほど実感できるとされている。

しかし元からそれなりに綺麗なブルーレイを観たりゲームをやるときには、同時に2つの映像を見るようなことがない限り、はっきりとした差を感じるのは難しいのではないだろうか。

PS4 Proを見ているときの脳はPS4 Proの方が良いとは感じないのだろうし、結局PS4 Proの映像があたりまえのものとして楽しむしかないのだ。

それでも私が出来るだけ綺麗な映像を見ることに拘るのは、それが私の美的意識だからである。

(終わり)

スポンサーリンク