読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電気じかけの予言者

きみがここに来ることを、ぼくは知っていた。

孤独と不安との闘い!『孤独と不安のレッスン』(鴻上尚史)は人生のバイブルだ

読書 生き方 暮らし

イチオシ!

若生悠矢@spectiveprophetです。

生きていると、ときに絶望し、孤独に押し潰されそうなことがある。

そんな僕は今日『孤独と不安のレッスン』を手に取り、正直この本を読むのは辛いのだが、今読むのが一番自分のためになると思い読んだ。

スポンサーリンク

人生に対する力の入れ方

100点を目指すのではなく、67点の人生を認めること(p.36)

僕は変に真面目で、自分を良く見せたいと思っているから、いつも80点以上を目指してしまう。 それに加え、自分が大事にしていることは100点を目指す。

これは自分へのプレッシャーになるし、関わる人のプレッシャーにもなってしまっていたんだなと思う。

もっと早く知りたかったー!って思うけど、こういう経験がないと、フーン……くらいにしか思えないのだろう。しかたない!

孤独との闘い

他者から拒絶されたとき、強い孤独感を感じる。でもそれは、他者を必要とする1人が寂しいといった孤独は「ニセモノの孤独」だという。

あなたは、今のあなたが必要な人を見ているだけなのです。(p.48)

拒絶されたとき、どうしてもその人しか見えない。でも本当は、世の中にはたくさんの人がいる。

周りに30人いれば、1人はあなたの「本当の孤独」との闘いを支援してくれる人が現れます。(p.49)

僕は友達が少なくて、それ自体に悩んだり寂しいと思ったことはないのだけど、味方がいないというのは不安だ。

でも、 もし味方となってくれる友達ができたとしたら、僕は相手にとっての味方になれる!

あなたがおみやげを忘れても、許して、支えてくれる人を2人、持つことが目標です。(p.212)

人間以外の支えてくれるものを探す(p.217)

支え合える友人2人と、たとえばブログなどの支えを作る。これからの目標かな。

失った自分を取り戻す

僕は他者を思うばかりに自分を見失ってしまうことがある。言葉を変えれば、依存だ。

気づいたときは遅いのだけど、元に戻る方法を教えてもらえた。

3ヶ月以上、その環境から遮断されれば、その奥底はほぐれ、自分が何者か、感じられるようになります。自分は本当は何がしたかったか、分かるようになるのです。(p.54)

「悩む」とただ時間は消えていく。「考える」は時間をかければなにかが残る(p.104)

悩んでいるうちは「後ろ向きの不安」で、考えれば「前向きな不安」になっていく。

悩まずに考えればアイデアが生まれ、その行動をしているとき、不安は少しおさまる。

僕には「前向きな不安」や考えたアイディアを出す場所としてブログがある!

絶対の根拠を求めて、じっと待つうちに人生が終わりかけるぐらいなら、とにかく始めてみようと思えるのです。 根拠がないから、はじめるのです。(p.110)

よかった。根拠なくこのブログを始めていて。まだ1ヶ月だけど、続けていたことで、今は生活の一部になっている。

自分を支える場所であり、考えたことを書く場所になっている

恋愛すると魅力的になる

どんな動機であれ、恋をすればするほど、人間は人間を引きつける身体になるのです。(p.234)

僕はどうだろう。

1年に1回恋愛し絶望するのが、近年の恋愛事情である。年を越すことがないし、もっというと誕生日を迎えることがない!

これ以上は泣きそうになるのでやめておこう。

でも、恋愛が人間的な魅力を育てるのであれば、これからも恋愛をしていきたいと思えてくる

最後に

読書を自分に取り込むことに腐心した内容で、まとまりがなくてゴメンなさい!

(終わり)

スポンサーリンク