電気じかけの予言者

明日のことは明日の僕がなんとかするから

iPhone X 開封の儀!Face IDがすごい!Touch IDより断然はやい!

スポンサーリンク

若生悠矢@spectiveprophetです!

10/27に無事発売日の受け取り予約をしてから毎日ワクワクしながら待っていたiPhone Xを今日、受け取りに行きました!

Apple Storeで祝福と共に受け取り!

スタッフさんに、

「iPhone X発売日に手に入れるなんてすごいですね!」

と祝福されました。

ストアの人がそれ言うのか、と(笑)

外に並んでる人もいっぱいいたので、予約して発売日に買えたことは、おめでたいことなんだなーと思いました!

ストアでのすべての処理が終わり、

「それでは新しいiPhoneをお楽しみください( ˊ̱˂˃ˋ̱ )」

という声をかけてもらいストアを出ました。

開封の儀

iPhone Xをかかえ自宅に戻り、お楽しみの開封となります。

iPhoneやMacの開封はもう何度もやってますが、この瞬間がたまらない!

裏面はガラスでサイドがシルバー

思ったより小さい!7 plusと並べると一目瞭然。

液晶画面の対角線の長さは大きくなってますが横幅は小さくなっています。ホームボタンがなくなったことにより縦幅も小さくなっているので、本体の全体が小さくなっています。

設定は旧iPhoneと近づけておくと勝手に同期してくれます。Wi-Fiの設定はなにもしなくても繋がりました。

セットアップにはSIMカードが必要なようで、このタイミングでiPhone 7 plusと入れ替えました。

Face IDの設定になります。

カメラで自分の顔を写しながら首を回せば読み取ってくれます。

僕は2回ほど読み取って完了しました。

あっという間!

Touch IDのときよりも簡単です。

iPhoneは「新しいiPhone」として使い始めました。

さきほどの設定の移行でどこまで同期されてるのがわかりませんが、買い換えたタイミングで標準的な操作を知改めて知ったり細かい設定を見直すのが楽しいので。

同期されてたデータの中でも、Wi-Fiの設定やブックマーク、辞書の同期はありがたいです。

あと何が同期されてるんだろう?これを見つけるのも楽しみ。

Face IDの認識速度は完璧!

iPhone Xといえば最先端の顔認証技術Face IDですが、認証スピードはというと、iPhoneを手を持ち画面を見るとほぼ一瞬で認証されます。

画面下からスワイプすることでホーム画面になるのですが、認証が完了していなくてもスワイプ操作ができ、その間に認証されるため、認証をしている感が全くないと言っても過言じゃありません。

Touch IDではiPhoneを持ちながらホームボタンに指を当てることで画面を見る前に認識が解除されてたので、これでも十分スムーズで、Face IDだと顔を認識するという動作が入るためロック解除の動作に若干ひっかかりがでるのではと懸念しましたが、本当にそんなことはなく。

とにかく素晴らしい。iPhoneを触るのがさらに楽しくなりました!

iPhone Xに最適化されてないアプリがちょっと微妙

iPhone Xに対応していないアプリの画面表示がちょっと微妙です。

たとえば11/3時点のバージョンのLINEの画面

上下が切り取られてます。

数年前にiPhone 4sから5になったときに画面が縦長になりましたが、そのときも縦長対応していないアプリは画面の上下が切り取られた感じになってました。

iPhone Xも同様にこれまでより縦長になったため、対応していないアプリは上下が切り取られたようになっているのです。

LINEなんかはすぐにアップデートしそうですが、頻繁にアップデートしないアプリはずっとこのままだと思います。

しかしこれからiPhone Xに最適化されていくと思うと、長く使っていけそうで楽しみです!

スポンサーリンク