電気じかけの予言者

きみがここに来ることを、ぼくは知っていた。

爆発的に増えていたはずが……ビットコイン(暗号通貨)投資の成功と破滅

スポンサーリンク

最近では新聞や雑誌、テレビでも取り上げらるようになったので仮想通貨、暗号通貨なるものがあることを知っている方も増えてきたと思います。

僕は少し前の2016年頃からビットコインなど暗号通貨を購入、投資していました。

今日はこのビットコイン(暗号通貨)投資で経験してしまった成功と失敗を書きたいと思います。

成功があるから失敗が痛い、そんな話です。

f:id:prophet:20170830172933p:plain:w250

スポンサーリンク

2016年末~2017年の高騰に乗っかった!

僕がビットコインを買い始めたの2016年の中頃、まだ1BTCが4万円台だった頃です。

仮想通貨?暗号通貨?怪しげだなあと思いつつも興味があったことから数千円程度分を買って、ときおり上がった時に売っていました。

その後、2016年末のボーナスで買い増しをしたころから、新たな局面に移り始めます。

12月に8万円台2017年に入り、10万、15万、20万、5月には30万円近くになり、7月には30万円を超えていったのです。

さらに8月に入り40万円を超え、8月30日の今日はついに50万円を超えています。

4万円だったビットコインが、1年ちょっとで50万円になったのです。

また、イーサリアムリップルネムといった日本で売買できる他の暗号通貨も同様に、大きく上げていきました。

僕は分散投資の名の元に、ビットコイン以外の暗号通貨も買っていたので、完全に高騰の波に乗っかっていました。

結果、僕の暗号通貨の資産は約100万円になっていました。原資は15万円程度だったので、6倍以上になっていたのです。

この感覚に味をしめた僕は、これ以上に儲けようと企みます。

あのビットコインは今

この8月に僕はこともあろうにFXに手を出しました。しかも海外のFXに手を出します。

100万円を原資に一獲千金の勝負に出たわけです。

海外のFX、例えばBitmexではビットコインを原資に100倍ものレバレッジをかけられるのですが、その代わりゼロカットの仕組みがあり、原資がなくなる以上の損はないため比較的安全とも言われています。

100万円を1億にしてやるぞと意気込みアドレナリンが湧き出ていた僕は、爆益を上げると同時にポジションも上げていった結果、あれあれよと暴落し、 立て続けにロスカット されていったのです。

具体的には、高騰すると信じてロング(買い)を仕掛けて失敗する、を 資金がゼロになるまで繰り返し続けた ことになります。

ヘタすぎる!!!

こうして、1年くらいかけて増やした100万円相当のビットコインは消えてなくなってしまいました。

これからどうするか

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

僕が失敗したのはただ1つ、FXです。

投資から目を逸らしてFXさえやらなければ100万円が目の前にあったのです。

FXが悪いわけでもなく、1年の色々を一瞬で失ったことを悔やんでも悔やみきれないわけですが、ないものはない

「なにもない今」を原点とするならば、僕が暗号通貨に対してできる選択肢は2つ

  • 暗号通貨に投資しない
  • 暗号通貨に投資する

です。

今の僕は迷わず後者の「暗号通貨に投資する」を選択しています。もちろんFXはやらない!(笑)

今でも暗号通貨の可能性は楽しみでしかないので、その楽しみを体感しながら追うために、ビットコインなどの暗号通貨をコツコツ積み立てるやり方で投資を再開しています。

これからは大きな期待をせずに、ゆるやかに進めていければと思っています。

さいごに

僕は株式投資などの経験からある程度自分で身を守れましたが、そうでない人もいると思いますので。

これからさらに盛り上がると思われる暗号通貨へ投資への興味を持っている方もいると思いますが、絶対に生活に影響しないお金でやってください。

大切なことなので2度言います。

暗号通貨への投資は生活に影響しないお金でやってください。

どうか、これだけは守ってもらえるとうれしいです。

僕は生活費を守るだけでなく、株式投資や投資信託の積み立ても減らさずに暗号通貨を買っていました。

それでも

あったはずのお金がなくなれば精神的にメチャクチャやられます。

今これを書いている時点でも、もうどうしようもないのに、どうしようもなく後悔してます。あの100万円があれば今日はこのくらい増えていたのに、とか思ってしまいます。

この状態が癒される日はいつかくるとは思いますが、新たな暗号通貨の投資が進み消えた100万円を超えてからではないかと、今では思っています。

(おわり)

スポンサーリンク