電気じかけの予言者

明日のことは明日の僕がなんとかするから

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」

スポンサーリンク

若生悠矢@spectiveprophetです。

参加します!

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

スポンサーリンク

5年後の色々を想像してみる。

5年後はオリンピックも終わり一部整備されたインフラの維持が始まっているだろう。

ネットは今すでに生活インフラであり、「ネットで」という言葉も意味を持たなくなってきているが、5年後は、今現在誰もが面倒だと感じている電池問題や周辺機器のワイヤレス化に慣れていない状態は、きっと解決されていることだろう。もしかしたら、手に持つことをやめているかもしれない!

ロボットについて、今でも安価なものは手に届く価格になってきている。亡くなった猫の記憶も思い出になってきているのでロボットを買ってみようかと思ったりしているのだが、5年後にはより高性能になり、僕の家に数体いるかもしれないし、僕がロボットに支配されている可能性もある!(最近見た映画「エクス・マキナ」の影響を受けている!)

地元の渋谷は、現在は再開発の準備のための土地の整理中と見られるが、最近は毎週のように、迷路の構造が変わっている。5年後はその再開発の真っ只中だろう。

日本の首相は誰になっているのか。アメリカのトランプ大統領は無事2期目に入っているだろうか。

僕は何をやっているだろうか。

5 (ファイブ) 5年後、あなたはどこにいるのだろう?

5年後の前に、5年前の自分はどんな感じだったか。

5年前のブログのバックアップを読んでみると、ちょうど断捨離をしていた。まだ今の場所に引っ越す前なので本格的な処分をする前だが、ゴミ袋50袋分出したとか書いてある。

一緒に住んでいた元奥さんが置いていった物が多かったと思うが、たしか必要な物を取りに来させたのもこの頃だったような気がする。そういえば、このとき顔を合わせていないし、もうかれこれ10年くらい経つので、何してるか全く知らないし、知りようもないし、もはやお互い誰だか分からなくなっているだろうな。

あとは小説のプロットが転がっていた。実はそのころのプロットが今でも役に立っているので、ブログでも小説でもなんでも、書けるときに書いておくことは重要だと思った。

今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。

5年後の自分へ。

本題の、5年後の自分へ。

「5年の間に良いこと大変なこと色々あったと思うけど、それなりにいい感じに生活しているかい?」

常に「今がちょうどいい」を思いながら生活をしていたいと思っているので、それが続いていれば最高だ。

だから、できれば今と変わらない生活をしていて欲しい。生活を維持して、好きな物を買って、未来に投資して、好きな場所に住んで、好きなことをしていて欲しい。

10年前と変わらないじゃないか!と言っているくらいがいい。

書いて、読んで、観て、聞いて、話して、関わってもらえる人と幸せを分け合って、それを糧にして生きていられているといいな。

(終わり)

今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。

今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。

アグリゲーター 知られざる職種 5年後に主役になる働き方

アグリゲーター 知られざる職種 5年後に主役になる働き方

スポンサーリンク